スポンサーリンク

就活最終面接【逆質問を乗り切る】最強のベストアンサーはこれだ!

就活

「最後に何か質問はありますか?」

就活最終面接。いよいよ終わると思った矢先に、最後にして一番の難関。

「(あ、特にないです)なんて言えないし…」

皆さんも面接の場面で、この逆質問をされた経験はあるのではないでしょうか?

この場合、なんて質問するのが正解なのか?

一番最後の項目ですので、面接官の印象もここで変わってきます。

この答え方次第によっては、合否の決定が左右することもあるとか…

ただ、ポジティブに考えてみてください!

ここを上手に対応すれば、合格が確実に近づくのです。

面接であまり手応えを感じなかったという方も、この逆質問のやりとりを適切に対応すれば大逆転可能です!

私がそうでした。

あのキラーワードで、私は最終面接の合格を勝ち取ったのです。

それでは、私が合格を手にした、【最強の逆質問のベストアンサー】をお教えします。

スポンサーリンク

逆質問に対する最強のベストアンサー

結論から申し上げます。

これが、考えられうる最強の逆質問の対応策です。

「私がこの会社に入ってやりたいことを、紙にまとめてきました。そちらを最後に提出させていただいてもよろしいでしょうか?」

これです!

【その場でレポートを提出する】というものになります!

わざわざレポートを提出してくる就活生はいませんので、ライバルとの差別化は明白です。うわ、面倒臭い・・・と思う方もいるかもしれませんが、その費やした時間こそが熱量なのです!

あなたがこの会社に入りたいという、PRの絶対的な証拠となるのです。

合格の角度を上げるならば、少しでもやれることをやった方が良くないですか?後悔してからでは遅いのです。

オンライン面接であれば、画面共有して提出していいか聞いてみましょう。また後ほどメールをさせていいかも聞いてみましょう。

面接官としても嫌とは言わないはずです。むしろ確実にあなたに興味を抱き、好印象を与えます。

実際に提出する紙には何を書けばよいのかについては、後述します。

スポンサーリンク

そもそもなぜ、「最後に何か質問ありますか?」と聞いてくるのか。

逆質問の意図として、一番の理由は、

あなたがうちの会社に本当に入りたいのか、熱意をみたいのです。

企業側としては内定を蹴られても困るし、会社に入ってすぐ辞められても困る。

そういう人じゃない方がよい

・・・

ではどういう人か。

絶対にこの会社に入りたいという熱意を持っている人をとりたい。

最終的にあなたを採るのは、ロボットではなく一緒に働く人間なのです。

スペックが同じならば、心証が良いと思った方の応募者を合格させるのです。

私自身話すことが苦手で、会社に自分が入りたいという熱意が伝えられませんでした。

そんな話ベタな私が辿り着いた策が、レポートを提出するという手法でした。

これを実践すれば、話が苦手な人は大逆転でき、話が上手な人も、より合格の角度を高めることができます。

また、他の理由として、

「会社に対する不安・疑問があれば、それを解消してあげたい」という企業側の思いもありますが、ここでは熱意を伝えることに注力したほうが賢明です。

スポンサーリンク

絶対にNGな回答

「特にないです。ありがとうございました。」

→最悪です。熱意がないと思われます。

「残業は多いですか?有給は取りやすいですか?」

→もちろん働く以上、気になる分野ではありますが、ここでは避けましょう。

仕事より待遇を気にしていると思われ、熱意がないと思われます。

この分野の質問は、説明会やOB訪問などで解決しておきましょう!

スポンサーリンク

レポートには何を書けばよいのか

私の場合、最終面接でA4一枚表裏に記載したものを提出しました。

内容としては、このようなイメージです。

言わずもがなですが、実際にやりたいことリストは、多ければ多いほど良いと思います。

私は6個列挙しました。

企画書レポートを提出するイメージで書くとわかりやすいかもしれません。

文章の体裁は、そんなに形式に拘らずで大丈夫です。

そのようなものは会社に入れば、いやでも身に付きますので。

<例文①>

例えば、希望する会社が、映画製作会社であれば、、、

「映画の製作をやってみたい。

企画段階から考えて映画を一からプロデュースしたいと考えております。

実はすでに製作したい企画がありまして、「勇者ヨシヒコ シリーズ」を映画化させたいと思っております。

『勇者ヨシヒコ シリーズ』とは、テレビ東京系列で放送されたドラマであり、深夜放送にも関わらず、その作品性の面白さから幅広いファン層を獲得している作品です。毎話放送するたびに話題に上がり、シリーズも現在まで3作品作られています。

『今日から俺は!』『新解釈三国志』で大ヒットを連発している福田雄一監督作品ですので、映画化となった場合でも、それらと同様のヒットが見込めると思います。

私は、これにぜひ挑戦してみたいです。」

イメージできるように、固有名詞も使いながら、より具体的に書くのがポイントです。

企業担当者にとって、この企画は無理だよというものでも大丈夫です。

ここで一番伝えたいのは、あなたがこの会社に入りたいという熱意なので、それが書けていれば大丈夫です!

<例文②>

アミューズメントパークを運営する会社であれば、、、

「パークの売り上げを、さらに伸ばしたい。

ジェットコースターに乗っている姿をカメラで撮影し、その写真が1,000円で販売されているかと思います。私は、よく遊園地に行きますが、そういった記念写真は一度も購入してきませんでした。理由は値段が高いと思っているからです。以前、説明会でこのことを●●さんにお伺いしたときに、『値段を下げるのは難しい』ということを聞きました。

では、自分だったらどういう特典がつけば、その写真を買うのかを考えました。

例えば、写真を購入した人限定に、次回の入園料を200円引きにするといった施策であれば、購買率はあがるのではないか?と思います。まだまだ売り上げを伸ばせると思いますので、ぜひ挑戦してみたいです。」

説明会で聞いたあなただけのエピソードを入れこんでも良いと思います。

こういったあなたなりの企画を考えることは、面接だけではなく、最初のエントリーシートを記入する際も役立ちます!

また、会社に入った後のその後のビジョンも想像することが容易です。

スポンサーリンク

最後に言わせて

レポートを用意したにも関わらず、逆質問が来なかった場合もあるかと思います。

それでも問題なく、面接終了後に提出すれば大丈夫です。絶対に受け取ってくれます。

なかなか大変な作業にはなりますが、確実にライバルと差をつけられます。

「あのとき、もっと頑張ればよかった」いまが頑張るときです。

この記事を読んでくださった方全員が、理想の新生活を迎えられることを祈っております!

おしまい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました